兼文堂スタジオ

 

会期 2/12(金)〜14(日)

開場時間 12:00〜19:00

 

 

参加作家 村田宗一郎+竹内公太

 

 村田宗一郎
1985年生まれ、2009年東京藝術大学中退
ドローイングや小立体などの断片的な要素を空間的に配置し、インスタレーションを展開。

主に建築物や構造体をモデルとし、根源的な暴力性を抱えた人間存在の切なさを主題とする。
2009年はグループ展「アートアワードトーキョー丸の内」行幸地下ギャラリー、「ゲバゲバサマーショー」ミサコ&ローゼン、「NEW DIRECTION #1 exp.」トーキョーワンダーサイト本郷/京都ART ZONE等に参加

 

竹内公太http://kota-takeuchi.org

1982年生まれ、2008年東京芸術大学美術学部先端芸術表現科 卒
公共性に対する依存と疑念をテーマに、都市、パブリックアート等に対して身体的なアプローチを仕掛け、発表の多くは自身が起こしたアクションをドキュメント化した形態をとる。
2009年はグループ展「101 DISCOVERIES」 アキバ・スクウェア 、「FRESH SELECTION」 ARTZONE 等に参加

 

+住居スペースでは、ナカヤマタカのドローイングを中心に親交ある作家の小品を展示します。

 

お問い合せ先

mail domoy3@gmail.com

 

アクセス方法

 

・JR、地下鉄東西線二条駅から徒歩15分。

・JR円町駅から徒歩15分。

・阪急西院駅より市バス202系統(円町方面)丸太町御前通バス停下車、徒歩7分。

 

兼文堂
2009年より入居、現在2名のアーティストの住居兼共同スタジオとして使用している。初めてとなる今回のオープンスタジオでは、工場跡で広さ約100平 米のスタジオ部分にてスタジオアーティストの村田宗一郎と、友人である竹内公太の2人展を行うと共に、住居スペースでも親交のあるアーティスト達の小品を 紹介する予定です。